法務のプロにお任せください。

私は司法書士として、企業の法務に精通しています。

司法書士と言えば、「商業登記」が古くから業務の中心です。法務大臣から認可され、司法書士会から認定を受けた司法書士は、140万円以下の民事事件であれば、弁護士と同じように代理人となって法律事件を解決することもできます。(伊藤裕貴は認定司法書士です。)裁判所に提出する書類、内容証明、契約書など法律文書の作成も、司法書士の仕事です。

 

伊藤裕貴司法書士事務所は、創業時だけでなく、常に身近な「社長の法務(ホーム)ドクター」として、法的リスクやトラブルにまきこまれず、事業を継続していただけるよう全力でサポートいたします。