契約書のチェック・作成

契約書とは

「契約」とは、当事者に権利や義務が定められた法的な約束で、口頭であっても成立します。しかし、あとから言った言わないのトラブルに発展することを防ぐため、契約書を作成します。かつては契約を文書化せずに、信用によって取引をすることが多かったのですが、昨今では日本も契約書を重視する契約社会へと変化しつつあります。権利関係や条件などを明確に記した契約書を交わしておくことが重要です。

  

契約書チェックポイント

 

  • 前文

    契約の当事者について明確に記載しているか確認します。

  •  

  • 契約日付

    文書を作成した日付。契約日と異なる場合は、両者の合意で日付を調整できます。

  •  

  • 印鑑

    会社の代表印が押されているかチェックします。

  •  

  • 内容

    自分に不利な内容になっていないか確認します。契約書の条項がやたらに多い、逆に少なすぎる場合は要チェックです。

    あらかじめトラブルになるかもしれないポイントがあれば、その場合の対応方法も盛り込んでおく必要があります。

     

    トラブルを防ぎ、取引相手と良好な関係を続けていくためにもきちんとした契約書を作成しましょう。

    伊藤裕貴司法書士事務所では、契約書の作成・チェックも承っています。