ご縁あって、このサイトをご覧いただいている社長様に私からのお願いは2つです。

1、ちょっとした約束事も、ナァナァにしないでください。契約書を交わすことは、相手にとって失礼にはなりません。むしろお互いの信用につながります。

どういう契約書にすればいいかわからない、相手方の提示した契約書の内容がよくわからない場合、チェック・作成もしますし、ご希望があれば契約に立ち会うこともいたします。

 

2、疑問・不安は、早めにご相談ください。「最近流行っている病気ってどんなの?」「ちょっと喉が痛い気がするんだけど・・・」


ホーム・ドクターに相談するように、社長の法務ドクターにご相談いただければ、事前にリスクを察知・回避することができます。行動を起こすことに対するメリット・デメリットなどもお伝えしますので、判断しやすくなります。

  

残念ながら、予防法務に力を入れている弁護士や司法書士はまだまだ少ないのが現状です。法務ドクターを選ぶ際には、「対応は早いか」「こまめに報告をしてくれるか」「専門用語を多用せず、わかりやすくリスクやメリット・デメリットについて説明してくれるか」といったところをポイントにされることをお勧めします。

  

伊藤裕貴司法書士事務所は、「予防法務」に力を入れています。ちょっとしたことでも、お気軽にご相談ください。