相続問題

相続とは、ある人(被相続人)が亡くなったときに、その人の財産を、一定の範囲内にある親族等(相続人)が受け継ぐことを言います。

死亡届は、死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡があったときは、その事実を知った日から3ヶ月以内)に死亡診断書を添付して市区町村長へ提出します。行方不明の場合は、失踪宣告により相続が開始します。

 

相続Q&A

 

Q1 相続登記(名義変更)にはどのくらいの期間がかかりますか?

 

A1 ご依頼を受けてから、戸籍謄本等必要書類の取得などをして、1ヶ月程度の期間がかかります。(事案により異なります)

 

Q2 遺産分割とは何ですか?

 

A2 遺産分割とは、遺産を各相続人に分配する手続きのことです。遺産分割には、現物分割、換価分割、代償分割といった方法があります。

 

Q3 遺産分割協議とは何ですか?

 

A3 遺産分割協議とは、相続人全員で話し合って、自由に分け方を決めることです。遺産分割協議書に、相続人全員の署名捺印(実印)をすることが必要となります。

 

Q4 遺言書が出てきたのですが、どうしたらいいですか?

 

A4 遺産は基本的には、法定相続人に優先順位に従って相続されますが、遺言書がある場合には優先されます。遺言書が公正証書で作成されていれば、そのまま相続登記手続きができます。それ以外の書式で作成されている場合は、相続登記手続きの前に家庭裁判所にて検認の手続きを行います。

 

Q5 借金も相続しなくてはいけませんか?

A5 相続を放棄することもできます。ただし、財産のみ相続し、借金は相続しないということはできません。相続を放棄するには、相続が発生したことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述します。